FC2ブログ
呪縛から解き放たれ、遂に覚醒。 オイラの暴走は、もう誰にも止められない。 今度のブログは何かが違う・・・かも
皆さんは、太陽が黄色く見えた事が有りますか?


オイラは、一度だけ黄色く見えた事が有ります ^^;


事務所の先輩が何日か実家に帰る事になり、留守の間に家を勝手に
使っていいと言ってくれていたので、翌日に近くでロケがある日に
その家に泊まらせてもらいました (*^_^*)


で、結局いつもの習慣で近所のスナックに一人で飲みに行ってしまいました
ヾ(´ー`* )ノフッ


その日のスナックには、二十歳前位のお店の女の子が3人いました。


飲み始めて1時間位経った頃・・・


女の子   「ねぇ、今日お店が終わったら私の家に遊びに来ない?」

3Bbaku  「遊びに行きたいけど、明日は朝早くからロケなんで
        今日は無理かも。」

女の子   「えー、少し位いいじゃない、遊ぼうよ。」

3Bbaku  「ダメだよ、今日はそろそろ帰って寝るつもりだったし、
        店が終わるのって未だ2時間以上先じゃん。」

女の子   「じゃあ、帰って寝ててもいいよ、店が終わったら迎えに行くからさ。」

3Bbaku  「いいけど、多分俺起きれないよ。」

女の子   「玄関の鍵開けておいてよ、そしたら部屋に入って起こすから。」

3Bbaku  「ェェェΣ(゚Д゚,,)」

女の子   「絶対に開けておいてよ、もし鍵がかかってたら近所まで
        聞こえる位大きな音で玄関をガンガン叩いちゃうからね。」

3Bbaku  「そっ、それだけは勘弁して下さい m(__)m」


って事で、先輩の家に戻ってそのまま爆睡・・・。


勿論、鍵は開けたままで (´・ω・`)


すると深夜の2時頃、本当に来ちゃったんです (ノ_・。)


しかも3人揃って・・・ _| ̄|○


女の子   「迎えにきたよ、起きろー。」


未だ目が覚めないまま、その中の1人の子の家に連行されてしまいました。


家に到着して中へ上がると、最後に入った女の子が鍵をかけた途端に
イヤーな空気が・・・。


女の子   「(・∀・)ニヤニヤ」

3Bbaku  「んっ? 何?」

女の子   「大変だねえ・・・。」

3Bbaku  「えっ? 何が?」

女の子   「まとめて3人も相手にするなんて・・・フフフッ。」

3Bbaku  「(*゚ロ゚)ハッ!!  ・・・ ギャー!」


オイラのエヴァ初号機がシンクロ率0%になってしまい制御不能に・・・ (*ノノ)


この先は、多分ご想像通りです ^^;


結局その日は寝させてもらえず、そのままロケ現場に直行です (ノ_・。)


しかも、その日は良く晴れていて気温もかなり高かったんです。


空を見上げると、太陽が・・・


生まれて初めて黄色い太陽を見ました _| ̄|○


注) このブログは、決してエログでは有りません m(__)m


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 写真ブログ コスプレ写真へ   blogram投票ボタン
関連記事

[2011/07/01 21:00] | エログの森美術館
|
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
/* アクセス解析 */